クラミジアは相手も検査が必要

男性と女性が性行為を行った時に感染して発症するのが性病です。
性病にはクラミジアや淋病、梅毒やカンジダなどの種類がありますが、特にクラミジアは感染しやすく症状が大きくなると数倍の確率でHIVウイルスに感染します。
クラミジアはクラミジアトラコマチスという病原菌が原因で発症します。
発症するペースは急激に発症するのではなく、徐々に発症していきます。
感染方法は2つあり、1つは男性がコンドームをつける事なく性行為を行った時に、男性の尿道部分から女性の膣内に感染します。
もう1つは女性の膣内から、コンドームをつけてない男性の尿道内に感染します。
男性女性関係なく両方に発症しますが、クラミジアの自覚症状は少なく、発症しても自覚する事はほとんどないです。
しかし全く症状がないわけではなく、僅かですが症状はあります。
男性の症状は軽い尿道の痒みや不快感を感じたり、朝おなか側から外尿道口に向けて尿道を圧迫すると粘液性がある分泌物が出てきます。
女性の症状はオリモノの出る量が僅かに増えたり、性行為を行った後僅かに出血します。
性行為を行った内の1人が感染すると相手も感染している恐れがあるので、クラミジアは相手も検査が必要です。
クラミジアの治療方法は、抗生物質を使って治療します。