尖圭コンジローマの可能性のイボの発見時は電話相談

性行為感染症は性行為を通して感染が拡大することが多い感染症であり、古くは梅毒や淋病が代表的なものとして知られていました。性器に異常や違和感を感じるということから症状がではじめるものが多いものの、自覚症状を伴いにくいものや全身症状が生じるものもあることから、しばしば発見が遅れがちになるものもあります。そういった中で尖圭コンジローマは性器や肛門の辺りに特徴的なイボができるということから、視覚的にもわかりやすい性行為感染症です。潜伏期間が数週間あることから原因となる性行為との関連性を見出すことが難しい場合もあるものの、そのイボの存在に気づくことができれば異常があるというのは明白に感じられるでしょう。そういった際には性病科や泌尿器科、婦人科などを受診するのが得策であるものの、その勇気が出ないということも珍しいことではありません。尖圭コンジローマによって性器や肛門の辺りにイボができているというのは見た目にもあまり人に見られたくないものであり、躊躇してしまうのもうなずける状態になるのです。そういった際に、本当にそのイボが尖圭コンジローマが原因でできたものなのかということをまずは確認したいと考えたら、電話相談を利用するのが良い方法です。性行為感染症について相談したいということは誰もが思うことであり、電話相談であれば誰にも見られることなく、医師にすら姿を見られることがありません。そういったサービスを提供することで少しでも多くの患者に性行為感染症の検査や治療に向かって欲しいという動きができてきています。性病科のクリニックを中心として電話相談のサービスが広がってきていることから、まずはその利用から始めるのが良いでしょう。